認知療法・認知行動療法の普及と啓発を通して「こころの健康」を支援します

[CP18-3] インターネットを活用したうつ病の認知療法・認知行動療法研修ワークショップ(2日間)

  • HOME »
  • 研修 »
  • [CP18-3] インターネットを活用したうつ病の認知療法・認知行動療法研修ワークショップ(2日間)

平成30年度認知行動療法研修事業 インターネットを活用したうつ病の認知療法・認知行動療法研修ワークショップ(2日間)募集要項

参加要件研修内容 | 日時・会場 | 申込み

講座番号

[CP18-3] インターネットを活用したうつ病の認知療法・認知行動療法研修ワークショップ(2日間)

目的

本研修は、[CP18-1]と異なり、スーパービジョンではなく、インターネットを活用して面接を行い、疑問点についてもインターネット内に作成したサークルのなかでお互いにサポートし合うことでスキルアップをはかり、多くのユーザーに認知行動療法を提供できる環境を整備することを目指します。

参加要件

最低2年以上の医療に従事した経験があり、現在医療機関に勤務している医師を対象としたワークショップです。

◆研修修了者のリスト(氏名、所属、職種)を厚生労働省へ報告し、各都道府県・指定都市に送付して、各地域の認知行動療法の普及に活用することに対して同意でき、その点について申込時に職場の上司の推薦を得ることができることを条件とします。

※受講決定通知後、本人および所属長の同意書を提出していただきます。

研修内容

平成16年度厚生労働科学研究費補助金「精神療法の実施方法と効果に関する研究」および平成22年度から始まった厚生労働科学研究費補助金「精神療法の有効性の確立と普及に関する研究」で作成し有用性を検証した「認知療法・認知行動療法治療者用マニュアル」と研修マニュアルに準拠したプログラムに沿って、講義及びグループワーク等を行い認知行動療法の基本を身につけ、そこで身につけたスキルをインターネットを利用しながら効果的に活用する方法について学びます。

当日はインターネットを利用しますのでPCもしくはタブレットをご持参ください。

研修スケジュール(案)は以下のとおりとなります。

[1日目] 13:00-18:00
(1)CBTの全体像と基礎的関わり(講義)
(2)コミュニケーションスキル、ソクラテス式問答(演習)
(3)症例の概念化(講義・演習:小グループ)

[2日目] 9:00-17:00
(1)行動活性化(講義・演習)
(2)認知再構成(講義・演習)
(3)問題解決技法(講義)・終結
(4)インターネットを活用した認知行動療法の実際
(5)質疑応答・まとめ

研修終了後は、インターネットを利用したサポートシステムに参加して、
認知行動療法に関連した情報を共有したりスキルアップを図ったりすることができます。

受講料

無料

研修会日時・会場

東京
日時:平成30(2018)年11月3日(土)13:00-18:00、4日(日)9:00-17:00
定員:30名
会場:ベルサール飯田橋駅前・会議室
※近隣のベルサール飯田橋ファーストとお間違えのないようご注意ください。
締切:2018年10月26日(金)
申込み方法

下記のフォームよりお申込みください。

受講決定通知

受講の可否ならびに参加詳細についてはメールにて追ってご連絡いたします。
※抽選結果理由については一切お答えいたしかねますので予めご了承ください。

その他

・昼食・宿泊については、用意・案内はございませんので各自でお願いいたします。
・参加要件を修了後、受講証をお渡しいたします。

お問合せ

※お問合せの際には[C18-3] ワークショップについてとご明記ください。
■認知行動療法研修開発センター内
厚生労働省認知行動療法研修事業 事務局
cbt.kenshu.jimu@gmail.com

参加お申し込みはコチラ

参加希望会場(必須)
氏名(漢字)(必須)
氏名(かな)(必須)
性別(必須)
所属・勤務先(必須)
臨床年数(必須)
(例)○年○ヶ月
【勤務先】郵便番号(必須)
※ハイフンなしで記入してください
【勤務先】都道府県(必須)
【勤務先】市区町村~番地(必須)
【勤務先】建物名
【勤務先】電話番号(必須)
※ハイフンなしで記入してください
PCメールアドレス(必須)
医師登録番号(必須)
※医師免許の登録Noを入力してください
医師免許取得年月日(必須)(必須)
(例)○年○月○日
※登録Noの取得年月日を入力してください
懇親会への参加(必須)
所属長の推薦が得られます(参加要件)(必須)
※ご自身が所属長の場合は、不要です
その他の連絡事項

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.