CBT基礎研修このたび、大野裕先生が代表を務める「ストレスマネジメントネットワーク」が、「CBTストレスカウンセラー認定資格」を新設しました。「CBTストレスカウンセラー」とは、認知行動療法の基本を学び、職域、医療、地域、教育場面当の各領域で、こころの健康を支援するスキルを持つ人を認定する資格です。

「CBT基礎研修」受講と「ケース検討会」5回の参加で認定されます。「CBT基礎研修」の第1回:10月10日(土)・11日(日)、第2回:11月19日(木)・20日(金)の募集を開始しましたので、ストレスマネジメントネットワークのサイトで詳細をご確認のうえ、お申込みください。

→CBTストレスカウンセラーとは?
→CBTストレスカウンセラー認定資格とは?
→ケース検討会とは?

 

CBTストレスカウンセラー育成への思い

うつ病などストレスに起因するメンタルヘルス不調が社会問題化する中、認知行動療法に対する関心が高まっています。それに伴って認知行動療法を研修できる機会が増えてきていますが、単発の研修が多く、継続的に勉強する機会が限られていました。

そこで、ストレスマネジメントネットワークでは、ストレスを体験している人の支援業務に役立つ認知行動療法的アプローチの基礎を学習し、それを継続的に学習できる研修プログラムを提供することにしました。多くの方に参加していただき、こころの健康支援のスキル向上に役立てていただけるよう、願っています。

精神科医 大野裕